「手作り感」
満載の空間

閑静な住宅街に赤い屋根が目を惹くかわいらしい外観。店内はテーブル席とカウンター席が設けられ、「フルーツ愛」と「うしさん」好というオーナーのパフェ師ことドリアンともよさんのうしさんへのリスペクトがあふれています。手作り感満載のお店は女性に人気で、随所に遊び心が見受けられます。
店内はオーナーお気に入りの雑貨や家具を置いて手を加えているとのこと。居心地のいい空間も楽しんでいただければとオーナーは微笑みます。



笑顔になれるパフェ

コンセプトは「パフェで季節を楽しむ」。ホッとひと息。日頃の疲れを癒したり元気が出る。フッと笑顔になれるパフェを提供できればとオーナーは話します。
オーナーの魅せるフルーツカットは季節のフルーツを引き立て、訪れる人の笑顔を引き出します。
甘さ控えめの素材の味を活かしたパフェは時期によってパフェメニューが替わるので、来店するたびに楽しませてくれます。

いつでも誰でも
食べやすい

おすすめの定番パフェは、ゴージャスなフルーツカットが特徴の「たっぷりフルーツパフェ」。
8種類のフルーツを使用しヨーグルトでさっぱり食べられます。メロン、オレンジ、グレープフルーツ、りんご、キウイ、ブルーベリー、いちご、バナナを基本として、美味しいフルーツを厳選して季節により内容が変わることも。
いつでも誰でも食べやすく、一年を通して美味しく食べられるフルーツで構成されています。

季節で美味しいものを
厳選

限定パフェは「季節の旬のフルーツを使ったパフェ」。
オーナー自身が旬のフルーツから農家さんを探して実際に農家さんを訪ね、畑を見て話を聞き、そのフルーツを一番美味しく食べられる方法を考え構成されたパフェです。
農家さんのフルーツへの愛情が詰まった桃を丸ごと使ったパフェ、柿を丸ごと使ったパフェなど旬のフルーツが味も見た目も楽しませてくれます。

自由さが
パフェの楽しみ

てんとう虫。はパフェを食べる空間・時間がしっかりとあるところ。パフェはフルーツを楽しんでもらうためのもの。
こだわりは口に入ったときの大きさ。食べやすくカットし、そのフルーツを一番美味しく食べられる状態にして提供しています。
上から食べていただいても、混ぜて食べていただいても、各々好きなように自由に楽しんでいただければ、とオーナー。
自由さがパフェの楽しみ。見て気分が上がったり、食べても美味しく五感で楽しめます。

一人一人を大切に
対応したい「予約制」

パフェを食べに行く、パフェを目の前にしてパフェを楽しんでもらう。
お客さんへの対応を一人一人大切にしたいという思い、そしてゆっくりしっかりパフェを楽しんでいただけるように現在は完全予約制としています。パフェといっしょにオーナーとのコミュニケーションが楽しめるのも魅力。
「定番パフェ、季節のパフェ・・・パフェを各々自由に楽しんでほしい」そんなオーナーの小さな空間に大きな魅力を詰めこんだてんとう虫。で、すてきカフェ時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

この記事のすてきカフェ

てんとう虫。〜パフェカフェ〜
テントウムシ。〜パフェカフェ〜

フルーツにこだわり、季節ごとにパフェでフルーツを楽しむパフェカフェ。閑静な住宅街にかわいらしい外観、手作り感満載の店内には随所に遊び心が見受けられます。お客さんへの対応を一人一人大切にしたいという思いから現在は完全予約制としています。

  • 埼玉県さいたま市北区植竹町1丁目-594-14
  • 048-628-8483
  • 11:00~16:00
  • 水曜日・日曜日休(不定休も有、要確認)
  • JR宇都宮線
  • 「土呂駅」西口から徒歩10分

\SNSでシェアする/

このカフェの読みもの

関連記事はまだありません。