たまカフェ

【インタビュー】白岡の“人と人とをつなげる”幸せを引き寄せる癒しカフェ「Cafe@Orangel(カフェオランジェル)」【後編】(1)

 2019年12月14日
きっかけは「パン教室」

インタビューの目的は、カフェを運営される方へ原点回帰するきっかけとなりお店が末長く存続してほしいという思いと、これからカフェを開業したいという方への参考となれば幸いです。

埼玉県白岡市の閑静な住宅地に佇むCafe@Orangel(カフェオランジェル)は川辺ご夫婦で営まれています。インタビュー後編は、Cafe@Orangel(カフェオランジェル)店長の川辺 聡子(かわべ さとこ)さんにお話を伺いました。

店名の由来

── Cafe@Orangel(カフェオランジェル)の由来をお教えください。

夫(オーナー)が瞑想をしていて「orange(オランジェ)」という名前を思い付いたんです。
それに「l(エル)」を付けたら「angel」が隠れていたのを見つけました。
Orange(オレンジ)のAngel(エンジェル)の造語で、Orangel(オランジェル)です。

コンセプト

── お店のコンセプトをお教えください。

自分が本来の自分に還れるカフェです。
そのサービスとしておうちでパン作りができるようになるパン教室、セラピーで心の癒しを提供しております。

店舗の立地の決め手

── なぜこの場所にお店を決めたのでしょうか。

お店をオープンするにあたり、風水で方位取りを行ったところ白岡が吉報となったためです。
自宅とお店は別で運営を行いたかったので、自宅とのアクセスが良かったというのも今の場所を選択した理由です。

思い出・思い入れのあるカフェ

── 思い出・思い入れのあるカフェをお教えください。

浦和(JR浦和駅)にお店を構えるリーバルカフェ(ReeBAL Cafe (リーバル カフェ)(さいたま市浦和区))さんです。ブログでカフェを開業されるまでの情報発信をしていて楽しく拝見していました。

── どのようなところに惹かれたのでしょうか。

リーバルカフェさんの教室と一緒にカフェ運営をされているところに惹かれました。
夫(オーナー)がカフェ運営をしたいと思っていて、私はそのカフェで教室をしたいと思っていました。私は自宅でパン教室をやっていたので、カフェと教室の運営をされているリーバルカフェさんに惹かれました。
子供の幼稚園の送り迎えで毎日通る馴染みのある道でもあったので思い入れがあります。

開業に至るきっかけ(マイストーリー)

── カフェ開業に至るきっかけをお教えください。

きっかけはパン教室。料理の苦手だった私がパンであれば美味しく作ることができました。パンを作る過程は1つずつの達成感があり自信がつきました。粉だったものがパンへと変化していき、できあがったものが自分でも美味しいと感じることができました。他の方からも美味しいと喜んでいただけました。夫(オーナー)がヨーグルトでパンを作ったところ、カチカチのパンができたんです。私が本を参考にパンを作ったところ、うまく作ることができました。うまく作れた経験からさらにパン作りの上達をしたいと思い、ABCクッキングのパン教室に通うことを決心しました。

── なぜABCクッキングを選択されたのですか。

ABCクッキングを選択した理由は、まだ子供が小さかったので教室に通う時間を自由に割り当てることに適していたためです。最初はABCクッキングのパン教室の講師になりたいと思っていましたが、自宅でパン教室を行う選択をしました。

── なぜ自宅でパン教室を行うことにしたのでしょうか。

ABCクッキングの講師の試験は受講しましたが、子供が小さかったため自身のライフサイクルと合致しなかったので自宅でのパン教室としました。それが13年前(2005年)になります。

── どのような方がパン教室に参加されましたか。

開始当初は子供の友達のお母さんが参加してくれました。開催頻度は月に2、3回開催できればいいといった感じでした。毎回3、4人のお母さんが楽しく受講されていました。受講生がお友達を紹介してくださり、また広がっていきました。

── ご自宅でのパン教室のコンセプトをお教えください。

コンセプトは「子供連れでできるパン教室」として運営していました。遊ぶおもちゃもあり、小さなお子さんは寝かすスペースも用意していたのでお母さんが安心して参加できる教室でした。

パン教室でランチを振る舞ったところ、ランチも好評をいただきました。私の料理でも受け入れてもらえると思い嬉しくなりました。この経験がカフェ開業へのきっかけの一つとなりました。夫(オーナー)が10年前(2008年頃)からカフェ経営をしたいと思っていて、準備が整い開業することとなりました。

profile_kawabeyuichi2.jpg

川辺 聡子(かわべ さとこ)さん

1969年7月生まれ、神奈川県横浜市出身。埼玉県白岡市在住。
横浜女子商業学園高等学校卒業。日本情報産業株式会社、株式会社永谷園、第一生命保険株式会社入社。
ABCクッキングでパン講師の資格を取得。その後、自宅にてパン教室を開業。エコールベルエポックの単科入門(カフェ開業)コースを卒業し、カフェ開業を目指す。
紅茶コーディネーターの資格を取得。2010年、埼玉県白岡市にカフェオランジェルを開業。癒しのスキルを身につけるという目的でレイキヒーリング師範、認定エンジェルカードリーダーの資格を取得。現在はカフェの店長として実務をこなす。

▶︎インタビュー一覧をみる

INFORMATION
店舗情報

店名 Cafe@Orangel(カフェオランジェル)
TEL 0480-48-7358
住所 〒349-0217 埼玉県白岡市小久喜1339−6> MAP
交通手段 JR宇都宮線「白岡駅」東口から徒歩6分
駐車場 5台
営業時間 10:00~18:00(L.O.17:30)
定休日 水曜日、第1、3木曜日
開業 2010年10月25日
ホームページ http://cafe-orangel.com
SNS

コメント

*
*
* (公開されません)